変わった紙と加工例


変わった印刷紙・加工例です。

チラシやパンフレット、カード類など、普通のありがちな雰囲気ではつまらないとお思いの方に、お勧めの紙、加工を紹介します。デザインやライティングも大切ですが、紙の質感や加工法で広告の印象は大きく変わります。ざらざらした紙、風合いのある紙、凹凸の加工など、変わった仕様にチャレンジしてみては。



●ざら紙(ざらし)

ざら紙


週刊誌などで使われるような、ペラペラな紙です。ざらざら感があってレトロな雰囲気が魅力ですね。紙の中では下級の「良質ではない紙」とされていますが、ある意味そこがあじです。

 

 
●アラベール

アラベール


一般的な紙といえば、コート紙(光沢のある普通紙)マット紙(光沢の無い普通紙)といわれるもの。このアラベールは、光沢の無いタイプで、風合いのあるちょっといい紙。特にパンフレット、名刺におすすめ。

 

●クラフト紙

クラフト紙 見本

 

クラフト紙

 

人気です。封筒や梱包で使われるハードなイメージの紙。デザイン次第でかなりかっこよくなります。


 

●和紙

和紙 印刷


和紙も印刷できます。高級感があって渋いですね。繊維が荒いもの、手でちぎったようなものタイプは様々。コストはかかりますがそれだけの価値はあります。

 

 

 

●凹の加工

箔押し印刷

 

箔押し印刷

 

版を押して印刷をする昔ながらの活版印刷や箔押しといわれる加工。へこみが魅力です。艶のあるもの、マットなものがあります。ブランドっぽさを演出できます。

 

●凸の加工

 

バーコ印刷

 

もっこりがお洒落です。パンフレットや名刺にワンポイントに使うとキマります。何度も手で触りたくなる感じです。

 

 



・・・ほんの一部ですが、紙や加工のご紹介でした。

とにかく安く印刷物をつくりたいという方には全く不向きですが、ちょっと変わったものをつくってみたい、オリジナリティーを出してみたいという方にはお勧めの一例です。パンフレット、チラシ、ショップカード、名刺等など、それぞれに適した紙や加工があるのでご興味がある方はご相談くださいね。(印刷のみの受注はできかねます。予めご了承ください。)

広告デザイン相談所
お問い合わせ